サンプルホーム

作業療法NEWS
2023年12月15日更新
レクリエーション計画・発表
グループごとにレクリエーションを計画・実施し、
対象者さん役には疾患を想定して演じてもらいました。
レクリエーションを進行する人も、
対象者さんを演じる人も、
計画通りにできたかな?

棒やバケツのリレーです。


手足が動きにくい状態を演じるのは難しいですね。
どんなやりづらさを感じたかな?


番号が掛かれた紙コップを指定された方法で
素早く重ねます。


ケガやトラブルのリスクはないか
進行するメンバーは対象者さん達の動きに気を配ります。


紙で作ったボールを箱に投げ入れます。


ボールが床に落ちたり、
メンバーに腕が当たりそうになったり、
予想外のことがたくさん起こります。


認知症の方を想定したクイズ大会です。


正解率高めでした。


作業療法は遊びやレクリエーションも治療の1つです。
楽しみや達成感を得たり、コミュニケーション能力を高めることも
その人らしい生活の中には重要なことですね