サンプルホーム


2022年5月26日
第2回「体験入学」
第2回「体験入学」は、小雨が降る中での開催となりました。
コロナウイルス感染予防に気を付けながら、
対面での「体験入学」となりました。参加者は14名でした。
同伴参加の皆様、ご参加いただき、誠にありがとうございました。

学校の事・入試説明など良く分かりました。
理学療法士の仕事の内容を詳しく知ることができ、良かったです。
車いす体験やストレッチ体験ができて、とても良かったです。
在校生の方々が優しく対応してくださり興味を持ちました。


①学校概要・入試制度の説明   蛭子 博志 事務長

 
トピックスとして、「体育座り」についての本校の増田一太先生の
2014年の調査研究がマスコミ(NHK・TBSTV・朝日新聞)等に
取り上げられ、反響を呼んでいることも紹介しました。

②理学療法学科(学ぶこと)・動画による医療機器の説明  鈴木 晃由 先生



 
③実技体験(車いす体験) 鈴木 晃由 先生 (感染予防のためマスク・手袋着用)


 
在校生・先生が丁寧に手助けをし、介助役と患者さんの立場を体験しました。

④実技体験(筋肉のストレッチ) 増田一太 先生 



在校生がやさしく手助け。ストレッチの大切さを体験しました。

⑤個別相談(入試制度・優待制度等について)    

在校生のとの対話(感染予防の為、2重マスク)の機会を設けました。

次回の第3回「体験入学」は、6月4日(土)です。
本校において、対面での開催を予定しています。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。



2022年5月9日
課外ゼミ募集と実施
体育座り「つらい」 ―腰痛原因 見直す学校も― という記事が
「山陰中央新報社」朝刊2022年5月6日付 8面 家庭欄 に掲載されました。
この記事の中で、本校・国際医学技術専門学校の理学療法士・増田一太先生の2014年に行った調査研究で「体への悪影響として、腰痛を引き起こしている」ことを明らかにしたことが紹介されています。

また、教育現場で体育座りを改めた学校を紹介し、記事の最後には「心身に良くないことが明らかなのであれば、見直さない理由はない。」と記事を結んでいます。


2022年5月9日
第1回「体験入学」
第1回「体験入学」は、いわゆるゴールデンウイーク(GW)の最中でしたが、
コロナウイルス感染予防に気を付けながら、久方ぶりの対面での
「体験入学」となりました。参加者は19名でした。
同伴参加の皆様、ご参加いただき、誠にありがとうございました。

学校の事・入試説明などとても分かり易かったです。
実際に学校を見学でき、学校の雰囲気が分かって良かったです。
理学療法の内容がよくわかり、受けて良かったです。
実際に、車いす体験やストレッチ体験ができて良かったです。
在校生の方々が優しく接してくださり安心して体験できました


①学校概要・入試制度の説明   蛭子 博志 事務長

 
②理学療法学科(学ぶこと)・動画による医療機器の説明  岡田 啓太 先生



 
③実技体験(車いす体験) 岡田 啓太 先生 (感染予防のためマスク・手袋着用



 
在校生・先生が優しく丁寧に手助けをしました。
④実技体験(筋肉のストレッチ) 前沢 智美、柴田直輝 先生 
(感染予防のためマスク・手袋着用)



 
在校生がやさしく手助け。

⑤個別相談(入試制度・優待制度等について)



在校生の生の声を聞く機会を設けました。

次回の第2回「体験入学」は、5月21日(土)です。
本校において、対面での開催を予定しています。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。