サンプルホーム

名古屋駅徒歩10分 052-561-1166

卒業までのステップ

1年次/まずは基礎をしっかり
解剖学、生理学、運動学など、基礎医学科目を通して、健康な人間の身体のしくみを理解します。命を預かる医療スタッフとしてゆたかな教養と人間性を養います。また実際に病院を訪問して理学療法士の仕事と役割、基本的な評価方法を自分の目で確かめ基礎実習(2週間×2回)を実施します。
2年次/専門科目へステップアップ
理学療法士は、あらゆる医学的分野の知識を修得しなければなりません。学び、また座学で習得した各種疾患の理学療法評価を実施するため、6週間の評価実習を実施します。さらに2年次のみ専任教員がそれぞれ得意分野を担当する課外ゼミを展開し、専門知識の習得を図っております。
3年次/理学療法の実践
2年間の集大成として臨床実習を実施。患者さんに対する評価、問題点の抽出、治療プログラムの立案まで、臨床の場で患者さんを通して総合実習(7週間×2回)体験します。また国家試験に向けて総復習を行い、理学療法士国家試験の合格を目指します。