理学療法士は、病気や外傷、高齢などにより障害を持った方の身体機能の回復のために一人ひとりにあわせて評価・計画をし、治療・訓練を実行するリハビリテーションの専門家です。

卒業までのステップ

1年次 まずは基礎をしっかり

解剖学、生理学、運動学など、基礎医学科目を通して、健康な人間の身体のしくみを理解します。あわせて命を預かる医療スタッフとしてゆたかな教養と人間性を養います。また実際に病院を訪問して理学療法士の仕事と役割を自分の目で確かめる見学実習を実施します。

2年次 専門科目へステップアップ

理学療法士は、内科、外科、整形外科など特定の疾患だけでなく、あらゆる医学的分野の知識を修得しなければなりません。病気全般について学ぶ臨床医学と理学療法の専門科目を中心に徹底的に学びます。

3年次 理学療法の実践

2年間の集大成として臨床実習を実施。患者さんに対する評価、問題点の抽出、治療プログラムの立案まで、臨床の場で患者さんを通して体験します。また国家試験に向けて総復習を行い、理学療法士国家試験の合格を目指します。

このページの上へ

履修科目

科学的思考の基盤・人間と生活・社会の理解

物理学、 倫理学、 法律学、 英語、 生体力学、 保健体育、 公衆衛生学、 コミュニケーション論

人体の構造と機能および心身の発達

解剖学T、 解剖学U、 解剖学V 、生理学 、運動学 、人間発達学

疾病と障害の成り立ちおよび回復過程の促進

病理学 、臨床心理学、 一般臨床医学、 内科学、 整形外科学、 神経内科学、 精神医学 、薬理学、 栄養・予防学、 理学療法画像評価学、 医学概論

保険医療福祉とリハビリテーションの理念

リハビリテーション概論、 保健医療福祉制度論

理学療法管理学

理学療法管理学

基礎理学療法学

基礎理学療法学、 理学療法研究法、 運動器系運動学、 神経系運動学 、内部系運動学

理学療法治療学

日常生活活動学、 物理療法学 、義肢装具学、運動器系理学療法学、 神経系理学療法学 、内部系理学療法学、 脊髄損傷理学療法学 、小児理学療法学、 理学療法演習

地域理学療法学

地域理学療法学、 健康増進学

臨床実習

見学実習(1年次)、 評価実習(2年次)、 総合実習 (3年次)

このページの上へ