理学療法士は、病気や外傷、高齢などにより障害を持った方の身体機能の回復のために、一人ひとりにあわせて評価・計画をし、治療・訓練を実行するリハビリテーションの専門家です。

理学療法士の仕事の流れ

救急→外来→入院→手術→リハビリ→医師からの依頼→評価:患者さんの社会復帰を妨げる問題点を把握します→治療プログラムの立案:評価の内容を整理し、治療の目標とプログラムを決定します→治療・訓練:目標に向かって治療・訓練を開始します→ケースカンファレンス:治療効果の判定、今後の治療方針などについて合同で会議をします→治療・訓練:目標に向かって、さらに治療・訓練を続けます→社会復帰:家庭や学校で生活していくための能力が備われば退院です

このページの上へ

理学療法の内容

評価・測定

各症例に必要な検査・測定から総合的な評価を行い、治療目的や治療方針を導きます。

運動療法

神経や筋肉、関節の構造や動きを理解した上で治療・体操を行います。
筋力・関節可動域・バランス能力・痛みの改善などを通じて、日常生活活動(起きる、座る、立つなどの)・歩行などの運動能力を高めます。

物理療法

その目的や意義、効果を理解した上で、温熱、水、光、電気などの物理的手段を使って痛みや循環の改善を図ります。

日常生活活動動作

環境との対応を考慮しながら、日常生活を送る上での基本的な動作(食事や排泄、移動など)の訓練を行ないます。

このページの上へ

理学療法士の職域

リハビリテーションの対象となる人は、子どもから高齢者までと幅広く、理学療法士の活躍するフィールドは、医療・福祉・スポーツ・教育・研究とさまざまな職場(職域)があります。

福祉・行政分野:身体障害者養護施設・老人福祉施設、老人保健施設・デイケアセンター・訪問リハビリテーション事務施設・地方自治体など 医療分野:大学付属病院・総合病院・一般病院・リハビリテーション病院 スポーツ分野:トレーニングセンター・スポーツ関連施設・リハビリテーション施設 教育・研究分野:理学療法士養成校、大学・スポーツ医学研究所・リハビリテーションロボット・研究所など

このページの上へ