作業療法学科
 
 ●ニュースとお知らせ
   ★ご報告のページ
   ★告知のページ
   ★学内ニュース
 
 ●体験入学日
 ●体験入学レポート
 ●体験入学お申し込み
 ●お問合せ
 
 ●理学療法学科へ
 ●作業療法TOPへ
 ●HOMEへ




基礎作業療法学―1年生後期の授業(織物)です。


基礎作業療法学―1年生後期の授業(織物)です。
 織物を製作する工程は次のとおり:
一、整経(せいけい: 必要なタテ糸を準備します。)
二、綜絖通し(そうこうとおし: 織り機にタテ糸をセットします。)
三、織り(横糸を通す作業)
四、後始末
 文字から何をするか想像できますか?
良く知られている織る作業は、三番で、その前後の地道な作業が待っているのです。


『加藤先生』がお召しのチョッキやセーターは、お手製で、とても素敵です。
   

学生の作成した、マフラーとアクセサリーです。素敵でしょ?




専門基礎分野(授業の紹介ページ)-整形外科

平成24年度・後期授業 2年生の講義『整形外科学』
後期の講師は病院に勤務の整形外科医「N先生」

内容は、生徒が興味を持てるようにと、
体験授業を多く取り入れたり、ユーモアたっぷりの講義で、
生徒から大人気の先生です。
器械メーカーの協力のもと、大腿骨頭置換術のデモンストレーションが行われました。

この銃のようなカッターで、大腿骨の骨頭を切断します。
刃先を骨に当て、振動によって堅い骨を切断します。

人工骨頭を埋め込むための溝を作っています。

人工骨頭が完成しました!!!




基礎作業療法学(授業の紹介ページ)―陶芸

1年生の体育の次(?)に人気の講義(4月より7月にかけて陶芸に取り組みました)
基礎作業学,中でも陶芸は群を抜いての人気です。
指導して頂くのは,陶芸家『徳田 吉美』先生です。
先生は,「素人が‘ろくろ’で,形を作ろうなんて思っちゃだめよ」
が…口癖ですが,とっても楽しい時間です。
   

7月13日(金)窯入れし,翌週窯出しをしました。


みんなの造った器たち,窯出しは,慎重に慎重に……