理学療法学科
 
 ●ニュースとお知らせ
  ★ご報告のページ
  2013年10月分へ
 2013年9月分へ
 2013年8月分へ
 2013年7月分へ
 2013年6月分へ
 2013年5月分へ
 2013年2月分へ
 2012年12月分へ
 2012年11月分へ
  2012年10月分へ
 2012年9月分へ
  2012年8月分へ
 2012年7月分へ
2012年6月分へ
2012年5月分へ
  2012年4月分へ
 2012年3月分へ
 2012年1月分へ
 2011年12月分へ
2011年11月分へ
 2011年10月分へ
  2011年9月分へ
 2011年8月分へ
    2011年7月分へ
    2011年6月分へ
  ★告知のページ
  ★学内ニュース
 
 ●体験入学日程
 ●体験入学レポート
 ●体験入学お申し込み
 ●お問合せ
 
 ●作業療法学科へ
 ●理学療法なうTOPへ
 ●HOMEへ

理学療法なう情報 2013年11月27日号
生体機能制御学に基づく理学療法研究会
本学で開催されました。


日 時 : ① 9/2 8(土) 17;00~19:30 ② 9/2 9(日) 10:00~17:00
テーマ : 膝関節痛に対する理学療法の展開

<講 師>
浅田啓嗣先生(鈴鹿医療科学大学)
篠田光俊先生(国際医学技術専門学校)
川村和之先生(国際医学技術専門学校)

発表者 : 海沼美咲先生(本学17期卒、須田整形外科)
参加者 : 22名(内卒業生13名)

くわしくはこちらをクリック

 
 





理学療法なう情報 2013年11月25日号
日本徒手理学療法学会 第170回実技講習会
本学で開催されました。


日時 : 10月27日(日) 9:30~16:30
内容 : 軟部組織のモビライゼーションⅠ(腰部・下肢編)
講師 : 浅田啓嗣先生(鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 理学療法学科 准教授)

報告書はこちらをクリック


理学療法なう情報 2013年11月25日号
OSCE(客観的臨床能力試験)実施


3年生の臨床実習Ⅱが11月8日に終了しましたので、その成果を確認するため、
OSCE (オスキー)が11月18日(月)に実施されました。
 
X線読影
 
問診

 関節可動域検査

筋力増強

試験内容と会場風景はこちらをクリック


理学療法なう情報 2013年11月25日号
◇平成25年11月23日(土)「第10回体験入学」10名(父兄3名)参加◇


今回の参加者は愛知、岐阜、長野の3県から、男性4名、女性6名の合計10名、内社会人4名でした。
体験後のアンケートでは、5名の方が本学への入学を希望されました。
豊富なメニューの体験入学で理学療法を理解し、国際医学技術専門学校で学びましょう。

①9:30~◎「闘うリハビリ」DVD放映
②10:00~◎学校の概要と特長 ◎入試制度 ◎理学療法の説明  
③10:45~◎高度医療機器の説明と体験
④11:00~◎図書室見学
⑤11:10~◎車椅子 ◎ストレッチ 
⑥12:00~◎昼食 
⑦12:30~◎在校生との交流会 ◎個別相談会
⑧13:00~◎流れ解散
 
DVD「闘うリハビリ」鑑賞
 
学科説明

 図書室の見学

 車椅子体験
 
ストレッチ体験
 
教科書の展示

体験入学レポート

社会人 男 愛知県
大変勉強になりました。 体験入学に参加してみて、素晴らしい学校だと感じ、
ぜひ入学したいと思いました。
社会人 男 愛知県
学校の雰囲気や勉強に対する心構えなどが分かり大変ためになりました。 
入学したいと思います。
高3 女 愛知県
普段できないことが体験できて良い勉強になりました。 
入学してみんなと一緒に学んでいきたいです。
高3 女 長野県
模擬授業に続いて今回も興味深い体験をしました。 入学したい気持ちが一層強くなりました。
高3 女 愛知県
有名な教員がおられたりして、この学校の良さなど、たくさんの魅力があることを知りました。
高3 女 愛知県
校風も良く分ったし、理学療法についても良く分りました。
社会人 男 岐阜県
これからの進路を決めるに当って、良い情報を多く取り入れることができました。
社会人 女 愛知県
親身になって話を聞いていただきありがとうございました。 楽しい時間を過ごせました。



理学療法なう情報 2013年11月22日号
平成25年度 臨床実習Ⅱ 第Ⅳ期 症例発表が終りました。


3年生の臨床実習Ⅱは、期間7週間の実習が第1期から第4期まで計4回計画され、
学生はその内3回の実習を体験しなければなりません。
今月11月をもって第Ⅳ期 (9/24~11/8)実習 が終了しましたので、
各自は体験した症例を1枚のレジュメにまとめ、
3年生56名が全員参加で4班に分かれ、各担当教官の指導のもとでの症例発表を行い、
臨床能力向上に取組みました。










理学療法なう情報 2013年11月7日号
平成25年度 第3回「模擬授業体験」18名(父兄2名)参加 !


平成25年11月2日(土) 午前9時30分~午後1時30分

今年最後の模擬授業体験は、愛知、岐阜、、長野、鹿児島の4県から18名の参加で、
内訳は女性6名、男性12名で年令層は16歳から33歳でした。 
模擬授業に参加のみなさんお疲れ様、みなさんは入学後に役に立つ勉強をされました。
模擬授業はこれで終了です。 入学まで健康に気を付けて頑張ってください。


DVD放映9:30~10:00 DVD「脳がよみがえる」
1限目 10:00~10:40 川村先生 座学:小児リハビリテーションの現状
2限目 10:50~11:30 篠田先生 座学:スポーツ障害予防について
3限目 11:40~12:20 酒井先生 実技:血圧・脈拍の取り方
昼 食 12:25~13:00
昼食後は、個別入学相談会が行われました。


DVD「脳がよみがえる」

川村先生/座学:小児リハビリテーションの現状

篠田先生/座学:スポーツ障害予防について

酒井先生/実技:血圧・脈拍の取り方

第3回 模擬授業体験 ー口コメント

高3 男 愛知県
小児セラピストが不足している現状を聞き、子供が好きなので興味が湧きました。
スポーツ障害予防は、自分の進みたい分野なので、興味深かったです。
脈は取り慣れていましたが、血圧は初めてなので良い体験となりました。

高3 男 愛知県
自分が理学療法士になったら、少しでも小児リハの力になりたいと思いました。
水銀血圧計は触ったことが無かったので、良い体験でした。

高3 女 愛知県
愛知県の小児セラピストの数の少なさにショックを受けました。
スポーツケアの道は厳しそうですが、一番楽しく興味深いので目指したいと思います。
脈拍と血圧は、自分の体で体験できたので楽しかったです。

高3 女 愛知県
小児に進みたいと思っているので、小児の授業を受けて更に意欲が湧きました。
スポーツ障害予防も面白く感じたので、多角的に勉強していきたいと思います。
入学後の雰囲気を味わえたので、参加して良かったなと思いました。

社会人 男 岐阜県
小児セラピストの不足する現状を知り、その重要性とやりがいに興味を持ちました。
スポーツ障害予防の講義も、水銀血圧計の測定体験も有意義でした。
社会人 男 愛知県

小児リハの愛知のセラピスト不足に興味を覚えました。
また、理学療法士がスポーツにどのように関わっているのかが分かりました。
血圧や脈拍の計り方はとても良い体験でした。

高3 女 愛知県
毎回異なる内容の授業で勉強になります。 PTは多いと思っていましたが、小児セラピ
ストは少ないと聞いて、自分の働く分野をどうするか改めて考えさせられました。
スポーツ障害予防のいろいろな方法や、自分自身でするケアも大切なことを知りました。
リハビリをするのに血圧を計る必要性も理解できて良かったです。

高3 男 愛知県
今までスポーツ系を目指していましたが、小児セラピストが極端に少なく、リハビリを必
要とする障害児が、月1回のリハビリしか受けられない現状を聞いて、自分も役に立ち
たい、自分の進むべき道を見つけられた気がしました。
しかし、スポーツ障害予防の話を聞いたら、やはりこれも良いなと迷ってしまいました。
入学してから考えたいと思います。
血圧や脈拍も計れるようになれて、意義のある時間を過ごすことができました。

高3 女 愛知県
模擬授業の内容が毎回異なっていて楽しいです。 小児の話はほとんど初めて聞く話
でした。 スポーツも障害と傷害の違いなど聞けて良かったです。 血圧や脈拍の計り
方は経験があったんですが、ほとんど忘れていて勉強しないといけないと思いました。 

高2 男 愛知県
小児リハが月1回しか受けられない現状がとても可哀相で興味を持ちました。

高3 男 鹿児島県
小児セラピストの数が少ないことや、スポーツとPTとの関わりなど勉強になりました。
血圧や脈拍も計るのも初めてで楽しく体験できました。

社会人 男 愛知県
小児リハ施設や小児セラピストが少なく、リハビリが思うように受けられない現状に問
題を感じました。 スポーツでは怪我をしやすい体から、しにくい体作りの難しさを学び、
血圧や脈拍では、血圧の計測の難しさを知り、脈拍を計るのも楽しく体験できました。

高3 男 愛知県
丁寧な授業に充実した時間を過ごすことができましたが、理学療法に対する知識不足
を感じました。 また、個別相談でも細かく応じてくださり、少し気持ちが楽になると共に、
とても励みになりました。

社会人 男 愛知県
今まで老人の分野を目指していましたが、小児セラピストの少ない現状を聞いて、今後
勉強しながら、本当にやりたいことを見つけることが楽しみになりました。
模擬授業に3回共参加して、学校の雰囲気にも慣れ、コミュニケーションもとれるので入
学後のグループ学習にもやっていける自信ができました。

高3 女 長野県
小児リハの話に興味が湧きました。 理学療法士が素敵な職業であると理解できて、
理学療法士になりたい気持ちがさらに大きくなりました。

高3 女 愛知県
今日の模擬授業は、受けてみてとても良かったと思える授業でした。
小児リハでは、リハビリを受ければ良くなると分かっていても受けられず、障害を引きず
っていると思うと悲しくなりました。 また、子供の親から信頼される人間性が必要で、知
識だけではやっていけない仕事なのだと感じました。 
血圧や脈拍の計測も興味深く、もっと知りたい学びたいと思った授業でした。

社会人 男 愛知県
理学療法士にもいろいろな専門分野があることを知り、理学療法士とスポーツの関係
も分かり、血圧や脈拍の計測には緊張もしましたが感動しました。
自分も人の役に立てる理学療法士になりたいと一段と強く思うようになりました。


2013年10月分へ