理学療法学科
 
 ●ニュースとお知らせ
  ★ご報告のページ
 2012年9月分へ
  2012年8月分へ
 2012年7月分へ
2012年6月分へ
2012年5月分へ
  2012年4月分へ
 2012年3月分へ
 2012年1月分へ
 2011年12月分へ
2011年11月分へ
 2011年10月分へ
  2011年9月分へ
 2011年8月分へ
    2011年7月分へ
    2011年6月分へ
  ★告知のページ
  ★学内ニュース
 
 ●体験入学日程
 ●体験入学レポート
 ●体験入学お申し込み
 ●お問合せ
 
 ●作業療法学科へ
 ●理学療法なうTOPへ
 ●HOMEへ

理学療法なう情報 2012年10月21日号
進路決定の大切な時期です。体験入学に積極的に参加しよう!
平成24年10月20日(土)「第10回体験入学」16名参加


紅葉の秋、進路決定も最終秒読み段階となり、
本学では、定員80名のほぼ半数の入学が決まりました。
本学の体験入学に参加すれば、理学療法士に係ること全てを理解することができます。
少しでも理学療法士に興味のある方は、ぜひ体験入学に参加してみてください。

①AM9:30~◎「よみがえる脳」DVD放映
②10:00~◎学校の概要と特長 ◎入試制度 ◎理学療法学の説明  
③10:45~◎高度医療機器の説明と体験
④11:00~◎図書室見学
⑤11:10~◎車椅子 ◎ストレッチ ◎義肢装具体験  
⑥12:00~◎昼食 
⑦12:30~◎在校生との交流会 ◎個別相談会
⑧13:00~◎流れ解散


学科説明

能機能測定体験

車椅子模範演技

車椅子体験

ストレッチ体験

義肢装具体験

在校生との懇談

体験入学お世話係の在校生

体験入学レポート

高3 女 愛知県
 在校生の生の声が聞けたことがとても良かったです。
理学療法士になりたいという気持ちが強くなりました。

高3 男 愛知県
 理学療法という仕事はすごいと思いました。理学療法のことが良くわかりました。

社会人 男 愛知県
 とても詳しく丁寧な説明で良くわかりました

社会人 男 愛知県
学校に入ったらどんなことを学んでいくのかが理解できました。

社会人 男 愛知県
個別にいろいろと質問に答えてもらえたので、良くわかりました。

高3 男 岐阜県

 理学療法士の仕事についてすごく良くわかりました。

社会人 男 愛知県
在校生も教員もとても丁寧で、熱い心が強く伝わってくる体験でした。

高3 男 愛知県
先生も学生も親切で、楽しい体験入学でした。また、学校のことも良くわかりました。

高3 男 愛知県
いろいろな体験を通じて、理学療法について良くわかりました。

高3 男 愛知県
理学療法士になるための厳しさが良くわかりました。

高3 男 愛知県
理学療法士になるためには、勉強が大変のことや、理学療法士は、かなり体を使うことなどがわかりました。 また、説明だけでなく、体を使う体験ができたので、面白く感じました。

高3 男 愛知県
資料による説明は充分だったのですが、普段の学校生活も見たくなりました。
 また、1日2時間以上の予習復習が必要との説明には、かなりのプレッシャ-を感じました。

高3 女 徳島県
 先生と生徒の距離が近く、みんなが助け合って、一緒に夢に向かって進んでいるのが、とても良くわかりました。 このような学校で、自分も一緒に学びたいと強く思いました。

高3 男 愛知県
理学療法のことが色々とわかり、厳しさもわかりました。


理学療法なう情報 2012年10月17日号
本学で「日本徒手理学療法学会/実技講習会」が開催されました!


日本徒手理学療法学会は、日本理学療法士協会公認の傘下組織です。
今回は、国際徒手療法連盟の認定徒手療法士である浅田敬嗣先生により、
全国から参集の理学療法士20名が、整形外科疾患に対する
治療の理論的背景、 技術を中心に講義と実技指導を受けました。

日時:平成24年10月14日(日)9:00~18:00
テーマ:軟部組織のモビライゼ-ションⅠ(腰部・下肢編)の講義と実技講習
講師:浅田敬嗣 鈴鹿医療科学大学 講師
スタッフ:国際医学技術専門学校教員川村他2名
参加者:理学療法士 20名
場所:本学 理学療法学科 治療実習室

   
   



理学療法なう情報 2012年10月11日号
平成24年度第3回「模擬授業体験」13名参加 !

平成24年10月6日(土) 午前9時30分~午後1時30分

今回の模擬授業体験は、第3回目で最終回となりましたが、
受講生13名が集まり、熱心に聴講されました。 
模擬授業は、入学後に必ず良い効果もたらします。
第1回11名、第2回18名、第3回13名と延42名の方が参加されました。 
みなさんご苦労様でした。

DVD放映09:30~10:00リハビリテーション

1限目10:00~10:40村田先生 座学:体の痛みはどこからくるのか

2限目10:50~11:30加藤先生 座学・実技:高齢者の転倒予防-バランスを学ぼう
加藤先生の授業内容(PDF)←クリック

3限目11:40~12:20小松・小林先生 実技:血圧・脈拍・呼吸音の取り方
小松・小林先生の授業内容(PDF)←クリック

昼 食 12:25~13:00
昼食後は、個別入学相談会が行われました。


村田先生

加藤先生

小松・小林先生

血圧の測定体験

平成24年度第3回模擬授業体験感想文

現役高校生(男17歳)愛知県
 今まで3回の模擬授業に参加して、どの授業もとてもためになりました。理学療法士になるためには、相当な努力が必要だと改めて実感しました。もうこの学校に合格し入学することが決まっているので入学までに勉強を進めておきたいと思います。

現役高校生(女18歳)栃木県
 痛みの種類があることや、痛みの必要性については初めて知ることばかりでした。脳の役割がこんなに大切なものだと模擬授業を通して改めて知りました。慢性痛は心(精神的な)のケアで治すことができると知り、理学療法士はただ身体のリハビリだけでなく、心の面も考えていくことが重要なのだと分かりました。また脈を測ることがとても難しかったです。

現役高校生(男18歳)岐阜県
 私は今回の体験授業で3回目になりますが、毎回違う授業内容でいろいろなことが学べてとても良かったと思います。特に実技の授業では実際に医療器具を使って行うので、毎回楽しく学べました。難しいところを分かりやすく教えてもらえたのが、とても良かったです。3回の体験授業を受けてみて、この専門学校で理学について学びたいと強く思いました。この学校の入試を受けるのでよろしくお願いします。

現役高校生(男18歳)愛知県
 1限目の痛みについては、痛いと感じることが、どれだけ大切なことかが分かりました。痛む刺激がないと、何でも無理をしてしまうことが恐ろしいと思った。バランスでは、マット上で首を回しながら片足バランスを行うのが難しかった。脈を測定する実技は、最初難しかったけれど、コツを覚えたら割と簡単でした。今日の授業を担当してくださった先生方ありがとうございました。

現役高校生(男18歳)三重県
 痛みというテーマでは、一つの痛みだけでなく脳の思い込みで痛いと感じるということや、慢性痛の患者さんに対する接し方が非常に難しいことが分かり分かりました。人の痛みを本当の意味で知ることのできる人間になりたいと思います。バランスの授業は、少し難しかったですが、バランスといっても複数のバランスがあり、静的バランス、動的バランスなどがあることを知りました。アライメントやLOSなどの専門用語もしっかり覚えていきたいと思いました。最後の授業は血圧・脈拍・呼吸パターンなどを計る授業でしたがとても参考になりました。いつも祖母が血圧を測っているのを見ますが、自分でやってみると案外難しかったです。呼吸のパターンなどもしっかり理解することができ、非常に良かったと思います。

現役高校生(男17歳)愛知県
 痛みがどこからくるのかということを知らなかったし、必要な痛みと全く要らない痛みがあるというのに驚きました。身体のバランスで、ただ片足で立つだけなら簡単だったけど、マット上で目をつぶるだけが、あんなに難しくなるとは思わなかったです。電気の血圧計は、ボタンを押すだけで簡単でしたけど、水銀血圧計は最高血圧を測るだけですごく難しかった。いつもは習わないことや、専門的なことが体験できてとても勉強になったし、面白かったです。

現役高校生(男17歳)静岡県
 「痛み」、「バランス」というテーマについて、内容を詳しく知ることができました。普段使う言葉の意味がとても深いものだと分かりました。実技では血圧、脈拍、呼吸について体験することができ、聴診器は初めての体験となりました。先生方の指導のおかげで上手くできて、楽しむことができました。

現役高校生(女17歳)三重県
 理学療法士はどんな仕事をするのかを、詳しく知ることができて良かったです。痛みのことやバランスのことなど、自分が知らないことや勘違いしていることが良く分かりました。体の不自由な方がリハビリによって運動機能が回復したという映像を見て、より理学療法士になりたいという気持ちが強くなりました。痛みには2種類あるということを初めて知りました。私は痛みというものはいらないものだと思っていたけれど、今日の模擬授業を通じて、痛みは身体の状態を知るのにとても大切なものであるということが分かりました。私は姿勢が悪い方なので、今日の授業全体を通して体の大切さを知り、普段の生活に心がけて、姿勢を治していきたいと感じました。

高卒社会人(男25歳)愛知県
 今日の模擬授業を受けて、痛みの授業では、今まで痛みについて深く考えたことがなかったので、とても興味深い内容でした。特に痛みが脳に伝わる時に2つの種類があり、速く伝わる種類や、遅く伝わる刺激で身体を危険から守るようにできており、人間の身体の機能の高さに驚きました。そして「人の痛みを知る事は、人を深く知ること」という言葉は私が理学療法士として働く時に大切にしたい言葉だと思いました。バランスチェックの授業では、様々な要素が働くことによってバランスが取れていることが分かりました。まだまだ私には難しい内容も多かったですが、多くの知識を身に付けていかなくてはいけないと思いました。脈拍、血圧、呼吸音の測定は初めて行ったことが多く楽しく行うことができました。

現役高校生(女18歳)愛知県
 最初は緊張しましたが、楽しかったです。私はよく腰痛と腹痛が起こって、辛いので痛みは必要ないと思っていました。しかし、痛みにも大きな役割があって大切だということを知りました。あと、腰痛の多くが原因不明ということに驚きました。バランスでは、私はバランスが悪いのでバランスがよくなりたいと思いました。実技では、血圧の測り方もテレビを見るだけでは簡単そうでも、実際にやってみると難しかったです。初めて模擬授業を体験しましたが、楽しかったし、勉強になりました。

現役高校生(女18歳)三重県
 すごく面白くて、ためになりました。理学療法士について色々知ることができ、さらに理学療法士なりたいという気持ちが強くなりました。バランスの授業が、実技があって本当に面白かったし、先生も面白くて楽しかったです。

現役高校生(女18歳)静岡県
 今日、実際に授業を受けてみてとても面白かったです。先生の説明も分かりやすく、もっと詳しく勉強したいと思いました。実技では、〝先生のマネをするだけ〝と言われただけなのに、実際に血圧を計ろうとしても、詳しいところまで見ていなくて、とても苦労しました。集中して細かいところまで見ることが大切だということがわかりました。もっといろいろなことを学んで、これからたくさんの知識と技術をつけたいと思います。

現役高校生(女17歳)愛知県
 痛みについての授業では、痛みには「急性痛」と「慢性痛」とがあり、実際に体に刺さったりする痛みと、気持ち的に痛みがする。という違いがあることを知りました。痛みは必要でもあるし、必要のない痛みもあることを知りました。バランスも、色々な関係でバランスが保たれているのだと思いました。自分の血圧が健康的で良かったです。



2012年9月分へ